SmAライン瓶交換

今夜は・・・年内最後だと思いますがSmAライン幼虫の瓶交換をupしたいと思います

IMG_4680.jpg

IMG_4677.jpg

SmAライン幼虫も残り僅かですが・・・今回は63gと・・・まずまずの結果でした
63g載るということは・・・確実に70gを超える能力がありますので、
次世代は70g載せられるように飼育して行きたいと思います
幼虫飼育をしておりますと判るのですが、
このラインもBAライン同様にもっと大きくなりますので、
所持して下さっている方には是非とも素晴らしい個体を狙って飼育して頂きたく思います
スポンサーサイト



SmAライン羽化個体

今夜は、SmAラインの羽化個体をupしたいと思います

まずは97mm位の個体です

IMG_5027.jpg

SmAラインも・・・やはり、大きい個体が出て参ります
まだまだ、能力を出せておりませんが・・・
それなりに飼育出来ればこの位の個体が出てしまいます

そして94mmupの個体です

IMG_5057.jpg
IMG_5080.jpg
IMG_5075.jpg

この個体は、可也顎が太い個体です
私の測り方で12.9~13mmといったところです
あくまでも最大内歯真横での最大内歯からの水平距離です

よく・・・デジタルの薄いノギスで最大内歯から外顎にあて・・・
ノギスが薄い為・・・斜めにあたってしまっている方がおります
結果、斜距離になっております
クワガタ測定用のノギスは全長を測る場合も斜距離にならないように分厚くなっておりますが、
薄いノギスで測る場合は顎に対してノギスを立てないと正確には測れません
また、顎を閉じた状態ではなく・・・顎を半開きの状態で測るのが正確な測り方です
これは、標本や全長を測る時に顎を半開き状態で測定しますが、
その基準の状態で顎を測るのが正確です
顎が張り出している個体の場合、
顎を閉じた状態で測ると可也の数値になりますが、
顎を半開きにして測ると数値は下がります
ただ、それが正確な測り方です

BAライン羽化個体

今夜はBAラインの大型極太個体を

この個体は1本目viking800ccで47g、2本目AG_80の3000ccで羽化となる個体です

IMG_5032.jpg

全長99mm台、頭幅36mm、胸37mm台、内歯幅13mm~13.1mm
現在、99mm台なので・・・固まって98mm台になってしまうかと思います
99mm台であって欲しかったですが、
98mm台で頭幅36mmなので・・・可也ゴツイ極太です
顎も画像よりゴツイです(笑)

このラインは、海猿さんのところでも大型の極太個体が出ておりましたが、
やはり、このラインはヤバイラインです
BAラインらしい顎張り出し個体です

SmAライン幼虫

今夜は、SmAラインの幼虫をupしたいと思います

今回、最後の2頭を瓶交換致しました

1頭目
IMG_4999.jpg

この幼虫は、1本目AG_80 1200cc、2本目ysk3000ccに入れておりました幼虫ですが、
2本目のyskが原因で体重が載っておりません
私の感覚から致しますと・・・SmAラインは65g~70g載る能力があると思われます
この幼虫は頭幅16.9mmですが・・・
この頭幅で体重が載れば可也の顎太極太個体になります

そして2頭目
IMG_5002.jpg

この幼虫も同じく・・・体重が載り切っておりません
この幼虫を見るとお尻の膨張が悪くないのですが、
餌がちゃんとしていれば65gは楽に載る幼虫です
既にここまで来てしまっておりますが、
3本目でもう少し大きくなってくれたらと・・・思っております
この幼虫は頭幅16.8mmになります

来期は800→3000→3000で行こうと思います
我家の幼虫はこの交換の方が幼虫が大きくなりますので・・・
また、菌糸も今期と変えて合う菌糸に変えたいと思います

SmAラインは、それなりに体重が載っていないと良い結果が得られないことが良く判りましたが、
BAラインは、体重があまり載らなくても大きい個体が出易いことも判りました
現在、Aライン、Bライン、Mライン、Smaラインの幼虫を継続中ですが、
そちらは体重を載せて行けるように修正していこうと思います

SmAラインが持っている能力の高さは良い感じなので、
次世代でSmaライン同様に怪物を狙って行きたいと思います

パリーフタマタ♂羽化

今夜は、既に羽化しておりますアチェ州タケゴン産のパリーフタマタ♂をupしたいと思います

この個体は、師であります石塚さんがアチェ州タケゴンで採って来た不明WD♀39mmからの羽化個体になります
何が出てくるかお楽しみでありましたが、
リノケロスではなく・・・パリーフタマタでした
リノケロスの分布を考えると・・・リノケロスが出ていた場合は面白かったのですが、
パリーでも石塚さんが採って来られたアチェ州タケゴン産のパリーなので・・・
大事に飼育をしていこうと思います

IMG_0787.jpg

この個体は、最終体重が26gだったのですが・・・
まだ、33g載っている幼虫がおりますので、
そちらの幼虫で90mmを狙いたいと思います
この個体は82mm位の個体になります
♀は全て羽化しており・・・
49mm以上が多いので次世代は面白いと思われます
因みにデカイ♀は53mm位になります

この個体はDOSさんのYSO菌糸を使用し2本羽化になりますが、
33g載っている幼虫はvikingさんの菌糸を使用しております
来期は使用菌糸をよく考え飼育したいと思います

SmAライン羽化個体

今夜はSmAライン♂の羽化個体をup致します
ずっと待っていた形の個体が来ました
昨年、秋から少し飼育方法を変えて飼育して参りましたが、
我家の血統にイマイチ合っていないところがあり・・・
予定通りの結果と行かずここまで来ました
が・・・やっとイメージしていた感じの形で羽化してくれました
数値は特別な訳ではありませんが・・・
顎の形がイメージしていた感じです

全長94mm位 頭幅34mm台 胸36.3mm 内歯幅12.5mm位

IMG_4929.jpg

画像では・・・身体が細く見えますが、
実物は結構な太さで迫力ありますし、顎も面積がありますので可也カッコイイです(笑)
今回、この個体を見て・・・
このラインも100mmクラスの顎太が狙えることがハッキリしました
このラインで幼虫の最終体重が60g超えている場合・・・強烈なのが間違い来ますね~
不全が1頭も出ていないことも大きな意味を持つかと思います

また、BAラインの方は100mm近い顎太極太個体が完品羽化して来ましたので・・・
そちらも後日upしたいと思います
顎が外側に張り出したカッコイイ個体です

MA_line♂2頭目

今夜はMA_lineの♂2頭目をupしたいと思います

全長93.5~94mm位、頭幅34.8mm、胸36.3mm、内歯LR12.6mm

IMG_4824.jpg

もう少し顎の太さが欲しかったですが・・・
実物は結構ゴツイので良いかと・・・
ただ、MA_lineもCBF1で99mm台の顎太が出ている血統なので、
もう少し大きく出て欲しいところです

MA_line羽化個体

今夜は先月羽化しておりましたMA_lineの羽化個体をupしたいと思います

今回の個体はMA_lineらしい形状の個体です
飼育を失敗して・・・全長でてませんが・・・(笑)
全長92mm 頭幅33.7mm 胸34.1mm 内歯幅L12.2mm R12.5mm

IMG_0597.jpg

画像だと・・・そんなに顎が太くみえませんが、実物は結構イケてます
少し顎ズレしておりました・・・(笑)
プロフィール

sai1968

Author:sai1968
極顎saiのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR